4割以上が処女と童貞の世界

処女率44.2%、童貞率42% 6割が恋人ナシ

国立社会保障・人口問題研究所が発表した「結婚と出産に関する全国調査」の結果、独身者を対象とした調査で、独身男性の42%、独身女性の44.2%が「性経験がない」と答えたという。

つまり、独身者の4割以上が処女と童貞ってことになります。
そして、男性の7割、女性の6割が恋人ナシ
これはつまり、3人声かければ、2人は恋人がいないということになります。

良い悪いは置いておいて、これは、もう大チャーンスです。

「ポケモン捨てて、街へ出よう。」

そして、とりあえず、気に入った女の子に声をかけてみましょう。

2人に声かければ、一人は恋人がいないはずですから。
絶対に恋愛のチャンスになります。

彼女や彼氏ができない理由

しかし、そもそも、彼女や彼氏ができない理由って何でしょうか?

彼女ができないという若い人と話していると、妙な違和感を感じることが多くあります。
顔もまあまあだし、性格もいいし、まじめだし、いい仕事してるし、スペック的には何も問題ないのですが何か変・・・とそういう感じなのです。

これは、彼氏ができない女の子にも共通しています。

両方の共通点は、とにかく自分に自信が持てていないことです。

こうした場合の特徴として、褒めた時に、瞬間的に嫌悪感や不安感が顔にでるのです。
つまり、自分は褒められることに値しないと心の中で思っているのですね。

こういう状態を自己肯定感(自己重要感)の喪失と呼びます。

自己重要感を満たすことが重要

人間にとって、実はこの自己重要感が、非常に大きな問題となっています。自己重要感を満たす「自己実現欲求」は、人間の生きがいに直結しているので、幸福で充実した人生が送れなくなってしまうのです。

では、この自己肯定感を得られる、一番手っ取り早い方法はなにかというと、恋人をつくるこです。誰かと恋愛をして付き合うという行為は、もっと本質的な自己肯定につながるものになります。

ここでいう付き合うというのは、ナンパしてヤルというものではなく、1対1でちゃんと付き合うことをいいます。だから、よくいうヤリチンであっても、自己肯定感は満たされなく、虚しさのみを感じてしまうのです。

彼女や彼氏という存在は、あなたの悪いところも、いいところも、はっきりと指摘してくれるし、それ以上に「あなたのここがいい」と言って、くっついたり甘えてくれたりするものです。

そうすると、自分のいいところが自覚できたり、人を幸せにしてるという実感が持てるようになります。これはこそが、最高に自己肯定感が満たされる状態なのです。つまり、人から好きって言ってもらうことが、一番自分を好きになれる方法ということなのです。

そうはいっても、彼女や彼氏ができないから、自己肯定感が満たされない。自己肯定感が満たされないから彼女や彼氏ができない。

ああ!結局、どうしたらいいんだ・・・

こうして、多くの人が彷徨ってしまうのです。

まず姿勢を意識しよう

自信が無く見える人の共通点は、とにかく姿勢が悪いことです。

それは、自信が無いと前傾姿勢で、どうしても見上げるように相手を見てしまうようになりがちだからです。これでは、やはり異性からの印象が悪くなります。

こんな印象では、そもそもモテようがないし恋愛など程遠くなります。このような姿勢が、相手に自信なさげな印象を与え、その結果、さらに自信を無くすことになるのです。

反対に言えば、自信を持っているように見えれば、他人から信用され、他人から信用されるから、ますます自信が持てるようになるという循環が始まります。

「自信は他信を呼び、他信は自信を拡大する」

ということなのです。

だから、まず姿勢を正しくして、見た目の印象を変えることから始めてください。
これだけで、人生がで変わってきます。

姿勢を正しくする方法

では、正しい姿勢とは、どういうことなのでしょうか?

これは、気を付けをするということではありません。
それでは、かえってカチコチに凝り固まった姿勢になってしまいます。

自信があるように見える姿勢とは、実はとても簡単で、ポイントは肩・胸を開いて力を抜き、丹田を意識することです。

そうすると、多少腰が丸まっていても、堂々として見えるものです。

丹田とは、日本の武道や禅などで言われるへその下約5センチのところにある場所で、この臍下丹田に意識を集中し、肩の力を抜いて、全身の力みを取ると、見た目も雰囲気も全く変わってきます。

だから、日常からこの一点だけを意識して習慣化すると、あなたの印象がまったく変わっていくのです。

もちろん、気を抜くと、すぐに元の姿勢に戻ってしまうので、まず何かの動作・行動を行うときは、最初に意識を臍下丹田に持ってきてから次の動作を行うということを常に意識し、無意識にそうなるように習慣化することが必要になります。

これをするだけで、自ずと正しい姿勢を取ることになっていきます。丹田を意識し続けることで、声に力が宿り、姿勢に自信と迫力が出てくるようになるのです。だから、これを続けているだけで、確実にモテるようになります。

自信があるように見える男も女も、異性から見て魅力的に映るものなのですから。

関連記事

error: Content is protected !!