世の中には「出会い」が溢れている

出会いの真実を知っていますか

「出会いがないのですが、どうしたらいいですか」

これが、私が一番いただく質問です。

結論から言うと、「出会い」というのは、女性の側が出会いがあったと認識することです。

つまり、そこには、男の側の何らかの行動があって、それで女性が「出会い」があったと認識して、初めて「出会い」が成立するということです。

出会いとは何でしょうか?

では、そもそも、「出会い」とは何でしょうか?
まずは、そこから考えてみましょう。

あなたは、どういうことを「出会い」だとおもいますか?
それを考えたことありますか?

たとえば、道を歩いていて、凄くタイプの女性とすれ違ったとします。これって、「出会い」ですか?

すれ違っただけですから、これは出会いじゃないでしょう。
ただ、すれ違っただけでは、どう考えても「出会い」とは言えないのは誰でもわかりますね。

では、その女性に声をかけてナンパをして、電話番号(LineでもOK)を聞いたとします。
今度は、どうでしょうか?

これは、当然「出会い」になりますよね。

次は、がんばって声かけたけど、無視されてしまった。これは、まあ「出会い」ではないでしょう。

ここに、「出会い」の本質が隠れています。
そこが解りますか?

つまり、「出会い」というのは、女性の側が出会いがあったと認識することなのです。

つまり、そこには、男の側の何らかの行動があって、それで女性が「出会い」があったと認識して、初めて「出会い」が成立するのです。

最初の男の側の行動は、声かけるでもいいし、電話番号を聞くでもいいのです。女性の側が、その結果として、「出会い」と認識できるかどうかがポイントだということです。

ここが見えてくると、いろいろなことがよくわかってきます。

出会いは起きるのではなく起こすもの

たとえ合コンしたところで、必ず出会いがある訳ではありません。
なぜなら出会いとは、つまり女性側の認識だからです。

例えば、キャバクラで好きな子がいて、お店に何回も通って大金をつぎ込んだとしても、それは、ただのお客でしかないということになります。結果的にキャバ嬢に「出会い」と認識されないと、恋愛には発展しないということなのです。

これは、風俗であろうが、ガールズバーであろうが、合コンであっても、また街でのナンパであっても、全く同じことなのです。

じつは、世の中には「出会い」は溢れているのですが、ほとんどの人が出会えていないということが、真実の姿なのです。

つまり、いろんなチャンスを捉えて、女性に「出会い」を認識させることが男の側ができていないから、「出会い」が無いとなってしまうのです。

もちろん、当然のことながら、出会いが無ければ恋愛などもできません。
だから、ただ出会いの為の行動を起こさずに黙って生きているだけでは、出会いが無くて当たり前なのです。

反対に言えば、どんな場所でも「出会い」そのものは、存在することになります。
出会いとは、偶然に起きるものではなく、創り出すものなのです。

「出会い」を創る行動をしよう

ここで、もう一つ衝撃的な話をしておきますが、男性が「出会いがない」と嘆いている以上に、女性はもっと「出会いがない」と思っているのです。

これは、衝撃の事実です。

相手の女性が、キャバ嬢であれ、風俗嬢であれ、会社の同僚であれ、人妻であれ同じことです。つまり、女性側から見れば、出会いと認識できる男性がほとんどいないという現実があるということです。

それは、あたりまえで、ほとんどの男性が、こうした「出会い」の本質を理解していないからそうなるのです。

「出会い」とは、女性に「出会い」と認識される事だと知っていれば、話の内容も変わるし、行動も変わってくることになります。

どうすれば、「出会い」と認識されるか?
どんな話をしたり、どういった行動をすれば印象に残るか?

こうしたことを、常に考えていれば、少なからず会話や行動が変わっていきます。そうすることで、「出会い」が量産できるようになるのです。

しかし、このことを95%以上の男性は、理解していない為に、ほとんどの女性が「出会いがない!」と嘆くことになってしまうのです。

これはもう、完全に男性側の責任です。

あなたも、今日から、女性と話すとき、どうすれば、「出会い」と認識されるかを考えて話してみてください。

間違いなく、おどろくほど「出会い」の数が増えていくはずですから。

関連記事

error: Content is protected !!