50代男性が狙うべき恋愛ターゲット

50代の男性が恋愛対象にするべき年齢層

よく50代の独身男性が、インタビューなどで、理想の相手を若いほうがいいという回答をしていることがあります。

これは、じつはとてももったいないことで、50代の男性が恋愛のターゲットにするのは、20代ではだめなのです。

50代男性は若い女性を狙わない

特に20歳の前半から下はあまり狙うべきではありません。

それはなぜかというと、20代の女性からしてみれば、50代の男性は基本的に恋愛対象から外れやすいのです。

もちろん、ファザコンの20代女性からならもてそうな気がしますが、現実には、20代はまだ、恋愛に夢を持っているために、50代の男性の魅力は伝わりにくいのです。

20代の女性がイメージする恋愛は、まず容姿が最初に来ます。
それ以外の経済力や包容力といった魅力に対する価値観は、低くなりがちなのです。

ただし、女性も25歳をすぎると世の中の現実を知るようになり、経済力や包容力の魅力を理解するようになります。

だから、20代でも後半に向かうにつれて、狙いやすくなるのです。

50代男性の恋愛の本当のターゲット

50代の男性が恋愛のターゲットとすべきなのは、やはり、30代からとなります。それも、35~40代以降がもっとも、有望な世代なのです。

独身女性の30代も中盤を過ぎてくると、結婚に対する焦りが出てきます。結婚したいけど、結婚できないというジレンマに苛まれているのです。

35歳の独身女性か40歳までに結婚できる確率は5%と何かの調査でありました。つまり、30代の独身女性は、やたら結婚に焦っているという状態なのです。

そうなると、50代の独身男性にとっては、需要が多くある場所ということなのです。ここを理解していれば、自ずと、どの世代をターゲットにすべきかが理解できるはずです。

恋愛は、ある意味マーケティング的な思考が大事になるのは、こういう点なのです。

35~40代以上が有力な理由

50代以上の男性にとって35~40代以上の女性は、経験もあり現実も知っている点において、とても有力な恋愛候補になります。

そもそも、50代を過ぎてくると、肉体的な魅力はどんどん下がってきます。筋肉はおちてくるし、お腹はだぶついていきます。

性欲に関しては、それほど落ちないですが、10代・20代のような盛りということはありません。肉体的魅力が重視される10代・20代にとっては、50代の男性は魅力的な雄とは見てもらえない世代です。

しかし、35~40代以上の女性は、人生において最も重要な事が、経済力とか人脈、経験などからくる包容力といったものであることを理解しています。

そうなると、そこまでの人生において、多くの問題を経験している35~40代以上の女性にとっては、肉体的魅力より、経済力や精神的な安定感のほうが魅力を感じることになります。

ターゲットを間違えていないか

さらに、35~40代以上の女性の最大の悩みは、将来に対しての不安です。

特に独身女性の場合には、とても大きな不安を抱えて日々暮らしているのです。だから、この相談に乗り、解決策を提供してくれるであろう50代男性の魅力はとても大きいのです。

結論として、50代の魅力が最も伝わるのが35~40代以上になるのです。

それを間違えて、若い女性かいいからと、10代・20代ばかりを狙うと、結局いつまでもうまくいかないのです。

恋愛の相談を受ける時に、いつも思うのですが、まずこの年齢による需要をきちっと把握した上で、どうアプローチすればいいかを考えることです。

モテない、彼女がいないと嘆く人のほとんどが、相手の需要を考えて行動していません。だから、行動しても効率が悪く、恋愛がうまくいかないのです。

特に50代を過ぎた男性は、いい意味でも悪い意味でも考え方が固まってしまっているので、一度客観的に見直してみることです。

関連記事

error: Content is protected !!