誰でもできる「モテる話し方」

女性にモテる話し方を身につける

合コンに行っていますが、目当ての女の子に話しかけても「会話のキャッチボール」ができません。どうすれば、うまく会話を続けられるでしょうか?

こういった質問を、本当によくいただきます。それだけ、「話し方」が難しいと感じるのだと思います。

では、「モテる話し方」は、どうすればできるのでしょうか?

「聞く」より「話す」ほうが好き

「モテる話し方」でまず覚えておいてほしいのが、人間は誰でも、『聞く』より『話す』のが好きな生き物だということです。

実は、「会話が盛り上がって楽しい!」
これは、裏を稼げば、「たくさん話せて楽しい!」
こういうことなのです。

私は、コンサルタントという仕事柄、いろんな人と話をしてきましたが、『話す』よりも『聞く』ほうが好きという人は、これまでに、出会ったことがありません。

さらに、特に女性は話を聞いてほしい生き物です。だから、女性と上手に会話をしようと思えば、「とにかく相手に話をさせる」ことです。

ひたすら聞く側に回ること。
これが1つ目のポイントなのです。

女性の心をつかむには、とにかく話を真剣に聞いてあげること。
これに尽きます

「話す2割、聞く8割」で丁度いい感じです。

とにかく相手に話をさせるのが基本だと思ってください。

笑顔と真顔の使い分けで盛り上げる

さらに相手に、気分よく話させる2つ目のポイントは、「上手な相づち」を打つことです。

これはつまり、私はしっかりと話を聞いているよというアピールです。
相づちにも、色々ありますが、難しく考えることはありません。

私は基本的に、
「相づちは声に出さず、黙ってうなずくだけでいい」
と思っています。

相手に気持ちよく話をしてもらうためには、まず、余分な音を差し挟まないことです。
黙ってうなずくだけで十分です。

さらに、目を見て、たまに「そうなんだ」「大変だね」「すごいね」と言ってあげれれば最高です。この共感を示す相づちは、恋愛トークに限らずセールスなどでも非常に重要です。

「そうなんだ」「大変だね」「すごいね」という3つの相づちを適宜打つことで、相手は「この人は、自分のことをわかってくれる」という気持ちになります。

そして、もうひとつ大事なのが表情です。
簡単に言えば、笑顔と真顔の使い分けです。

相手が、楽しそうな話なら笑顔で聞く。
相手の話がシリアスになれば、真顔で聞く。

この二つを使い分けるだけで、会話はどんどん盛り上げってきます。といっても、相手がどんどん話を勝手に盛り上げていってくれます。

何を質問するかで話が進む

会話を盛り上げる為の3つ目のポイントは、「上手な質問をする」ということです。

「質問力」はモテる話し方の必須条件ですが、何でもかんでも質問すればいいわけではありません。「相手に聞いていいこと」「聞くと失敗すること」があります。それをきちんと見極め、「いい質問」だけすることです。

これは、相手との距離感の問題です。

最初から変な質問をするのはNGですが、ある程度親近感が出て来たら、ストレートに聞いても大丈夫です。

特に相手の心の深く入り込みたかったら、あえて、微妙な内容でも踏み込んで聞いていきます。

そもそも、モテたい理由は何かというと、その相手と、より親密な関係を築くことです。
だから、聞きにくい事を聞けるようになると、距離感が一気に近くなるのです。

だとえば、よく言われる聞くと失敗する質問の代表例として、「年齢」「家族」「おカネ」のこと、さらには、「住んでいる場所」なども初対面の女性に聞くのは、不快感を持たれかねないといわれます。

しかし、ここを踏み込まない限り、ただ、楽しかったで終わる会話になります。

もちろん、最初は、聞いても差し障りない質問として、「好きな食べ物」「趣味」「持ち物」についてあたりを話のきっかけにしていきます。

しかし、少し盛り上がったら、声のトーンを落として、微妙な内容に踏み込んでいきます。
この時に気を付けなければいけないのが、つい、自分の価値観を押し付けてしまうことです。

そうではなく、相手の話を全肯定します。ここで、「そうなんだ」「大変だね」「すごいね」の鉄板相づちを使います。

そして、とどめが「よく頑張ったね」です。
基本は、こういった流れです。

会話で相手を丸裸にする

私の場合、二人きりで1時間話せば、相手を丸裸にします。
もちろん、服を脱がすのではありませんよ。

その相手が、どこに生まれて、どのような人生を歩いてきて、どのようなトラウマを抱えていて、さらに、今どのような不満を持っているか?

相手の心の中の、ドロドロの部分まで話させます。
二人きりの場所であれば、確実に泣かせます。

ここまでになると、後は、付き合うのも簡単だし、セックスすることも簡単です。

巷には、よく口説きの方法などが氾濫していますが、実はそんなものは、必要ありません。
それよりも、「話し方」、より正確に言えば「聞き出し方」のほうがよほど重要です。

これさえできれば、あの手この手で、口説く必要などありません。
相手から、勝手に惚れてくれるものです。

あとは、自分が好きな方向に誘導するだけです。

関連記事

error: Content is protected !!