「ゲス男」のほうが間違いなくモテる

いい人になるな!ゲス男になれ!

あなたは、「いい人」と聞いてどのような印象を持つでしょうか?

「いい人」という言葉は侮辱

少なくとも私は、「いい人」というのは、女性にモテそうな男性とは思えません。

安全な男として女性から重宝されるかもしれませんが、まず、まちがいなく恋愛の対象からは外されている場合に使われるのが「いい人」という言葉です。

だから、「本当にいい人よね」なんて女性から言われても少しもうれしくないし、むしろ侮辱されたと感じてしまいます。

男なのにオスと思われないなんて、ピエロでしかないのですが、世の中には、本人は女性にモテたくて仕方がないのに、やることなすこと「いい人」に向かっている男性のなんと多いことでしょう。

私も、これまで何度も「いい人ね」なんて言われて来たので、その度に反省して自分の中に、女性に嫌われたくないという感情を捨てるように注意してきました。

「嫌われない」と「好かれる」とは別

そもそも「嫌われない」ことと「好かれる」ことは、決してイコールではありません。それどころか、同じベクトルに向かってさえいません。

人に嫌われないようにするためには、例えばマナーや社会のルールを守る人とか、人に親切にするとか、相手が嫌がることをしないなど、多分に常識的なものです。

一方で「好き」という気持ちは、好きになった当事者でさえ説明がつかないもので、「一瞬の感情の揺らぎ」によるものです。つまり、感情のバランスを崩した状態が「好き」ということなのです。

だから、「嫌いじゃない」ことと「好き」とは、言葉以上に、大きな隔たりがあるものなのです。ここが判っていないと、いつまでたっても「いい人」止まりになってしまう可能性が高いので注意が必要です。

女性と付き合いたいなら、女性の口からでる「いい人」は、辱めを受けているくらいに思ったほうがいい位なのです。

「ゲス男」のほうがモテる

「いい人」と言われるくらいなら、「ゲス男」になったほうが間違いなくモテます。

いい人要素なんか皆無のほうが逆に珍しいので、これまでに出会ったことのないタイプの男として、興味をそそることができます。

人間というのは、そのままでは、感情的に安定していて、誰かを好きになるということはあまり起きません。誰かを好きになる時には、たいてい、感情のバランスが崩れてしまい、それを補完するために、好きという感情が沸き起こってくるものです。

だから、安定している状態では、女性はあまり恋に落ちたりすることはないのです。女性を落すためには、まずこの感情を揺さぶる必要があります。

ゲス男であるというそこだけで、感情のバランスを崩すことができます。

世の中をよく見てみれば解るのですが、「いい人」は芸能人とは付き合えませんが「ゲス男」だと芸能人と付き合えたりするわけで、「いい人」になるくらいなら「ゲス男」になったほうが絶対に得な人生になるものなのです。

関連記事

error: Content is protected !!