父親のような恋人という安心感が鍵

年齢の離れた年下彼女との恋愛は父親役として安心感を提供する

年下との恋愛において、重要なことは、安心感を提供することです。

安心感を提供するということは、まず、第一に、絶対に危害を加えないということです。もちろん、肉体的に暴力加えるのは絶対にダメですが、それだけではなく、精神的にも、経済的にも、危害を加えないということです。

精神的な部分を考えるならば、まず相手を否定しないことが必要になります。
安心感というのは、全てを肯定することから始まります。その上で、相手を絶対に守ることを第一に考えることなのです。

年下彼女の人生の相談役になる

まずやってほしいのは、50代の持つ経験値で相談に乗る事です。
この時のポイントは、ひたすら話を聞くことにあります。

そもそも、女性の場合、話すことでストレスが解消されるので、まず話を聞いて共感する事が一番重要になります。

この時に、意見を述べる必要は全くありません。
女性の場合、相談をする時は、ただ聞いて欲しいことがほとんどであり、意見など求めていないからです。

これは男と女の思考の違いです。ここはしっかりと肝に銘じておいておいてください。その上で、人生の悩みを解消していきます。

その為には男性は、人生を生きる哲学を持っていることが重要になります。

物理的な悩みなら、解決方法は簡単なのですが(できるかどうかは別として)、精神的な部分になると、なかなか難しいものがあります。

普段からどれだけ、思想を深めているかが大事になるのです。
ここは、付け焼刃が全く聞かない部分なので、日頃の努力がものをいうことになります。

その為には、とにかく本を読むことが必要です。おすすめは、仏教やキリスト教といった宗教哲学です。

こうした素養があって、話を聞いてあげると、確実に尊敬されるし、女性も心を許すようになり、支えて欲しいという気持ちになって来るものだからです。

父親的恋人という存在になる

これは、相手の女性の年齢にもよるのですが、多くの女性がファザコン気質を持っているので、ここを狙っていきます。

女性の場合、理想の父親像を持っているものです。

父親が実在する場合には、その父親が一つの理想(もしくは反面教師)になるし、もし、父親がいない場合には、理想化した父親像をどこかで強く作り上げています。

ここと合致すると、かなりの確率で、気持ちを引き寄せることができるのです。このポイントは、守護者という存在です。ほとんどの女性が持っている、守って欲しいという気持ちは、ここがスタートになっているからです。

誰でも、子供の時は、肉体的に弱いので、危害を加えてくる相手から守って欲しいと感じていますが、成長するにしたがい、経済的に、社会的に、精神的に守って欲しいという欲求に変化していきます。

あなたの、これまでの経験値や、経済力で守ることで、気持ちを大きく引き寄せることになるのです。

恋人であることを忘れないこと

安心感を提供する時に、気を付けることは、自分を父親ではなく男であると、どこかに認識させておくことが必要になります。

つまり、しっかり、行くところは行くということです。

父親と娘の関係を、「性欲の無い恋人」と表現した人がいます。
言いえて妙で、こういった関係が父と娘の間には、現実に存在するものです。

しかし、実際に目指すのは恋愛関係なので、精神的な安心感の上に成り立たえせる肉体的な関係ということになります。

だから、どこかで、男としての存在を意識させる必要があるのです。
そうしないと、単なるいい人で終わることになってしまいます。

ここだけは注意しておくことです。

関連記事

error: Content is protected !!