結婚と恋愛は相反する性質がある

50代を過ぎた男性に勧める恋愛の新しいカタチ

結婚後もずっとパートナーに恋愛感情を持ち続け、夫婦ともども愛し合って生きることは、とても素敵なことです。誰もがそういった結婚生活に憧れていると言っていいでしょう。

そうした夫婦はお互いに信頼しあい、成長しあうことで、最高の関係を築いています。
まさに、人生の理想と言っていい状態です。

しかし、現実の世界においては、それは、とても難しいことです。なぜなら結婚と恋愛は、そもそも相反する性質を持っているからです。

結婚制度が内包する恋愛との矛盾

世の中の既婚女性は、全員が満たされて幸福なのでしょうか?

インターネットでのある調査によれば、既婚女性の5人に1人が不倫状態にあるといいます。
実際に不倫にまで進まなくても、不満を抱えている女性は、それ以上に存在するはずです。

はっきり言うならば、男女間の恋愛とは、多くの場合、たいてい4年ほどで終わってしまうもなのです。つまり、結婚して4年もたつと、夫婦間で恋はできなくなってしまうのです。

これは、その夫婦の間に愛があったかどうかではなく、もともと、人間の脳は「飽きる」ようにできているからなのです。

既婚男女のほぼ100%のカップルは、結婚前には、
「いつも一緒にいたい、ず~っと一緒にいられたら、どんなに素敵で幸せだろう。」
そう考えていたはずです。

しかし、4年もたてば、愛の炎はやがて細くなり、しまいには消え行ってしまうのです。

そもそも、愛の形そのものが、結婚することによって、安定、平安、安らぎといった枠組みに置き換えられていきます。さらに、子供ができれば、親としての自覚や責任も生じてきます。

そうした感情と燃え上がるような恋愛感情とは、まったく相反するものなのです。

会いたいけど会えない。
いくら求めてもどうにもならない。

こういう感情や状況こそが恋愛感情を燃え上がらせていきます。

そうれとは真逆の制度である結婚は、人間の本能に抗うシステムなのです。
だからこそ、世の中からは不倫が無くならないのです。

結婚とは夫の繁殖を抑え込むシステム

結婚とは、人間が社会生活を営む上で、非常に合理的なシステムです。

人間は、動物の中では、もっとも未熟な状態で生まれる種です。

多くの哺乳類は、外敵から身を守るために、生まれてすぐに立ち上がるように進化してきました。しかし、人間の赤ちゃんは、動物としては、極めて未熟な状態で生まれてしまうのです。立ち上がるどころか、寝返りすら打てないほどの未熟な状態です。

これは、未熟な状態で産み落とさないと母体が持たないからだと言われています。だから、人間の子育てには、多くの手間と時間がかかることになったのです。

そこで、結婚という社会的枠を当てはめることによって、妻を家庭に引き留め、子育てをさせるような仕組にしているのです。

さらに、人間のメスは繁殖のために年に1回しか妊娠できませんが、オスはすぐによそで繁殖をすることができます。これを防ぐために、結婚という枠、戸籍という枠で縛ることにより、オスの繁殖を抑え込んでいるのです。

これが反面、多くの既婚女性は、夫から満足を与えてもらえない心のモヤモヤを抱えているばかりか、何もない日常に飽き飽きしている状態を作り出してしまっているのです。

だから、結婚して愛が醒めてしまうと同時に、夫あるいは妻との恋愛関係も終焉を迎えてしまうのです。

友達以上恋人未満の関係が理想

しかし、いつまでも恋をしていたいが人間の本能です。これは、結婚によっては、なかなか満たされることができないものです。

しかし、年齢を重ねたことによる異性に対する魅力は増してくるものです。つまり、むしろモテるようになっていきます。

だったら、たとえパートナーを愛せなくなってしまったとしても、新しくときめく相手がいたほうが実りある人生になると思います。そこでおすすめなのが、あなたの魂を満たす異性の友人を作り人生を楽しむことです。

最近、セカンドパートナーという、新しい間柄が話題となっています。

セカンドパートナーとは肉体関係のある不倫をすることではなく、一緒に豊潤な時間を過ごし、共通の趣味や価値観を分かち合える精神的な恋愛関係を築いていくものです。

互いに深い精神的なつながりを感じる恋愛と友情の中間的な関係を作っていきます。

結婚をしていても、ふと恋に落ちてしまうことはあるものです。そして、その恋を進めてはいけないこともあります。

そんなときに、「プラトニックな関係=友情を築く」という友達以上、恋人未満でとどめておくことも、必要なことなのだと思うのです。

error: Content is protected !!