ファッションは魅力を「可視化」すること

女性にモテたければお洒落に気を使うだけでいい

女性に好かれるためには、とにかく見た目が重要になります。

好かれる為にはまず見た目から

どれだけ見た目が重要かというと、次のような女性に対する楽天オーネットのアンケートがあります。

「初対面の相手の印象は会ってからどのくらいで決まりますか?」

「会った瞬間」31.3%
「会ってから数秒」24.2%
「会ってから2〜3分」19.8%
「会ってから10分程度」11.5%
「会ってから10分以上」13.2%

つまり、会ってから数分で7割が印象を決めています。

「初対面の相手の印象をどんなところで判断しますか?」

この質問には、

1位 「身だしなみ」85.9%
2位 「声、話し方」74%
3位 「あいさつ」71.4%

こういった答えが返ってきています。
つまり、ほどんど外見の印象で判断している事が解ります。

「印象を決める3つの要素」

これについては、

「視覚」55%
「聴覚」38%
「言語」7%

印象を決める要素の半数は「視覚」で決まるようです。つまり、見た目だということです。

アメリカの有名な心理学者、アルバート・メラビアンは「第一印象は3秒で決まる」と言っています。

「見た目ではなく中身が重要」といった意見も、よく耳にしますが、初対面の段階では会ってすぐに中身なんかは、誰にも分らないものです。

まずは、「初対面の印象」を上げるために自分の魅力を「可視化」することが大切になるのです。

モテるのは見た目が9割

とにかく、印象をよくしたければ、見た目を第一に考えることです。そして、この見た目のほとんどを決めるのが、やはりファッションなのです。

男性に比べて、女性はファッションに敏感です。ほとんどの女性が、お化粧とお洒落な服装には目がありません。

あなたは、これを、男性にも当てはめていないと勘違いしていませんか?

女性が苦労して化粧をして、ファッションにこだわっているということは、同じ目で男性を見ているということです。

裏読みすると「男性にもお洒落にして欲しい」と言う事が女性の観点から分ります。

ではどのようなファッションがいいのかというと、これは流行の服装でなくてもいいです。大事なことは、自分自身に合う服装を着ていれば充分なのです。

それよりも、ファッションに気を使っているということが、伝わることのほうが大事なのです。

場違いな服装をしていないか?
靴がちゃんと磨かれているか?
シャツにアイロンがかかっているか?
その人の雰囲気に合っているか?

こういったことの方が、むしろ重要なのです。

どうすればファッショナブルになれるか

お洒落とは何かというと、TPOだと私は思っています。

行く場所によって、服装は当然違います。その場所にふさわしい服装をしていれば、お洒落に見えるものです

具体的にはどういうことかというと、街中ではシティウェア、運動するときは各種スポーツウェア、ハイキングに出かけるときはアウトドアウェア、ビジネスや高級レストランではスーツを着るわけです。

しかし多くの人が、街中やレストランでもスポーツウェアやアウトドアウェアを着たり、逆に公園で花見をするときにもスーツを着ていたりします。

これでは、その場に合わないので、なかなかお洒落には見えないのです。

勿論、凄くかっこよくてイケメンであれば、言う事はありませんが、それよりも、どれだけ、その場に合った服装をしているか方がとても重要なのです。

自分らしいファッション

さすがに一昔前のファッションだったり、いかにもやくざ系の服装をしているとその時点でアウトです。

ファッションというのは、言い換えれば自分を発信しているということです。つまり、「自分はこういう人間なんだ」ということをファッションは示しているものです。当然のことながら、発信したキャラを好きな人間が寄ってくるものです。

では、自分がどのような服装が似合うのかが解らないのであれば、安くても良いですから、自分の主張したいイメージのお店の店員さんに聞いてみてください。

ストレートに「私に似合う服装ありますか?」と。

こう聞く事によってお店の店員さんは、必死であなたに似合う服装を選んでくれます。

間違っても相手は毎日色々な人間を見て服装を選んだり、勉強をしているので、 はずれを掴まされるという事はほとんどありません。

顔の形でも丸型、四角、菱型とありますが、それぞれ似合うシャツがあります。そういったものをしっかりと選んでくれますから、ぜひ、店員さんを味方に付けましょう。

まずは、上から下までコーディネートしてもらって、季節ごとに購入していけば、そのうちにファッションセンスも上がっていきます。

自信が見た目もアップさせる

さらに重要なのが姿勢です。

いくらお洒落な服装をしていても、姿勢が悪かったら台無しになります。実際に多くの男性が、頼もしく見えず、弱そうに見えます。たとえ、中身はしっかりした人であったとしても、頼りなく見えてしまう人がじつに多いのです。

それはなぜかというと、立っている時や座っているときの姿勢が悪く、なおかつ、ゆらゆら揺れる人が多いからです。

体の大小に関わらず、直立不動で堂々としていれば頼もしく見えるところを、ぐにゃぐにゃゆらゆらしているから頼りなく見えてしまうのです。

お洒落に見える姿勢とは、実はとても簡単で、ポイントは肩・胸を開いて力を抜き、丹田を意識することです。

丹田とは、日本の武道や禅などで言われるへその下約5センチのところにある場所で、この臍下丹田に意識を集中し、肩の力を抜いて、全身の力みを取ると、見た目も雰囲気も全く変わってきます。

だから、日常からこの一点だけを意識して習慣化すると、あなたの印象がまったく変わってくるのです。これまで、立ち方や座り方を意識していなかったのであれば、ぜひ意識をしてみてください。

とにかく、女性に好かれるコツは、見た目にどれだけ気を配っているかなのです。

関連記事

error: Content is protected !!