お金に真心を付ければ最強になる

50代を過ぎたら恋愛では経済力を提供する

50代を過ぎた男性の最大の魅力は経済力です。
こう言ってしまっては身も蓋も無いけれど、事実ですからしかたありません。

こうした話をすると、
「やっぱり金か!」
などと妬む人も多いのですが、現実に、お金は恋愛の重要なポイントになるものです。

経済力があってこそ、相手の女性に対して、ラグジュアリー感の体験や、非日常の高級感に身を置く体験をさせてあげることができます。

さらには、生活の安定を提供していく事も可能になるのです。

デートは居酒屋ではなくレストラン

若い普通の女性は、意外に高級店に縁がないものです。

そういったちょっと気後れするような場面で、落ち着いた作法を見せられるだけで、女性は尊敬のまなざしで見てくれるようになります。

その為には、ちゃんとしたマナーと知識を持っていることが必要ですし、雰囲気にのまれない仕草を身に付ける為には、何度か足を運んで、その場に慣れておく必要があります。

だからといって、高級品を身に付ける必要は、全くありません。
レストランに入って、ソムリエとさりげない会話をしながら食事を進めることです。

その為に必要なのは、お酒の知識と料理の知識。オタクになるほど詳しく成る必要はなく、むしろ、あまり詳しすぎると、つい知識をひけらかして、嫌味になるので、ほどほどでいいです。簡単な方法は、ワイン会などに積極的に参加し、体験を積んでおくことです。 もちろん服装はスーツであるべきです。

2軒目はカラオケではなくバー

2軒目に行くのは、カラオケボックスではなくバーです。

安く上げようなどと、考えてはいけません。もちろんたまにならカラオケボックスもありですが、それは、二人の関係が深まってからです。

ここで飲むのは、ウィスキーがおススメ。さらに、意外な体験として使えるのがシガーバーです。

ほとんどの女性は、シガーバーに行ったことがないし、シガーバーは一種独特の雰囲気があるので、大人な演出ができてお勧めです。もちろん、事前に葉巻の匂いについては、彼女に確認しておくことです。

デートにおいては、たとえ高級なところでも、身を置いて自然でいられる経験値が必要です。たとえ、お金があっても、年齢が若いとハマらないものです。

だからこそ、50代を過ぎてから魅力がそこに出るのです。ただ、付け焼刃ではなかなかうまくいかないので、日頃からそういったところへ足を運んでなれておくことです。

経済的支援を視野に入れる

そして、最後に、経済的支援を視野に入れておくことです。

現在の世の中では、経済的に困窮している女性がとても多いのです。

残念ながら、今の時代は、社会的弱者に多くの女性がなってしまっている現状があります。

だったら、その需要を満たせばいいのです。経済力のある50代にとって、それを支援することも重要な役割ともいっていいです。

ただし、だからと言って、お金で買うという露骨な態度や言葉は絶対にダメですよ。相手の女性のプライドを大事にすることが必要です。

恋愛ではお金が全てではないけれど、お金に真心を付ければ最強になる事も事実なのです。

関連記事

error: Content is protected !!