モテたければ起業して社長になればいい

恋愛勝者になりたければ社長になれ

女性は「〇〇長」という言葉の響きに弱いものです。
子供のころから、生徒会長や学級委員長はモテるものです。

長が付くと女性にモテる

これは、大人になっても同じで、女性は長が付く男に弱いものです。
社長であれ、PTA会長であれ、どんなちっぽけな権力であっても女性は惹きつけられていきます。

なかでも社長は最強です。
社長って、なんかすごそうで、お金持ってそうですから。

だから、自分の会社をもって、名刺に代表取締役社長なんて書いておけば、もてることは、間違いありません。

もちろん、長が付くと責任も伴うし、忙しくなってきつい事もありますが、その分見返りも大きいのです。

なぜ女性は権力に弱いのか

そもそも、なぜ、女性が権力に弱いのかというと、権力にまとわりつく欲求がかなえられるからです。

まず、生存欲求。
つまり「生きたい」、「死にたくない」ということです。

なんだ、当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、この、「生きたい」、「死にたくない」というところから、「飢えへの恐怖」が生まれてきます。

昔はこの飢えを満たすものは、肉であり魚でした。
しかし、現代ではそれは、お金や権力になります。

そのため、人はお金持ちになったり、権力を持ちたいと願うのです。

今の日本では、実際にお金がなくても、実はそう簡単には飢え死にしませんが、それでも太古の昔からDNAに植え込まれた記憶によってお金や権力が、「生存」のために最も重要なものになっています。

人間は誰もが上に見られたい

さらにもう一つの理由が
「自分は他より秀でたい」
という衝動です。

これは、自己重要感と呼ばれるものです。

人間は誰でも、孤独ではいられないために、集団になろうとします。しかし、今度は、集団で暮らしていると、その中で優劣が生まれてきます。当然に優れたものがいい思いをします。

具体的には、多くの食べ物を手に入れたりといったことです。こうなると、誰もが自分は優位に立ちたいと思います。これが、長い間に本能的衝動として、「自分は他より秀でたい」という衝動が人に根付いたのです。

そして、権力のある男に近くにいると、他よりいい思いができるのです。
だから、女性は権力に弱いのです。

一番簡単に手に入る長とは

誰でも簡単に、長をという肩書を手に入れることができます。

それは自分で起業することです。それだけで、最強の肩書「社長」が手に入ります。たとえ、自分一人だけの会社であっても、女性はそんなことは、知る由もありません。女性の側から見れば、社長は社長なのです。

特に法人化しなければならないということはありません。何か自分で事業をやりさえすれば、社長の肩書を着けることができます。

だから、モテたければ起業して社長になればいいのです。

関連記事

error: Content is protected !!