永遠の愛も必ず変わってしまう

50代の恋愛における立ち位置について

50代の恋愛は深追いをしないこと

50代の恋愛において大切なことは深追いをしない事です。これは、付き合っている相手が別れたくなったらすぐ別れるということです。

もちろん、相手が望めばいつまで付き合ってもかまいませんが、年の差があると、相手に若い相手が出現する可能性があります。

こういった時に、すっと手をはなしてあげること。これが重要です。今の相手に執着しないことが大事なのです。さらりとした恋愛関係を作ることです。

50代の恋愛は、自分は通りすがりの一人でいいという自覚が大事なのです。そうしないと、トラブルになったり、酷い時には、事件になったりしがちになるからです。

愛は無常です

残念なことに、変化しないものなどこの世の中には存在ません。

一見、永遠に見えるものでさえ、時間の経過と共に必ず変化してしまうのです。これは、物であれ、環境であれ、人の心であれ、変化しないものは、この世界には存在しないのです。

その昔お釈迦様は、2つの大発見をしました。それが、「諸行無常」と「諸法無我」といいう二つです。そのうちの一つ「諸行無常」が、世の中のすべてのものは変化していくということです。そして、変化しないものは、決して存在しないということです。

勢いのあるものはいつかは衰えるし、勢いの出てきていないものもいつか良くなります。蒔いた種が発芽するのも常ではないし、花が実を結んで枯れていくのも常ではありません。

人の心も、愛さえも変わってしまうのです。

いい事も悪いことも続かない

必ず変化するということは、決して悪いことではありません。

もし、あなたが今、ものすごい不幸に見舞われているとしましょう。たとえば、破産して、借金取りに追われ、家族と離散し、独りぼっちになってしまって、さらに、重病になってしまった。

しかし、これすらも、必ず変わっていくのです。時間と共に、必ず変化していきます。変化するということは、ある意味、祝福なのです。

逆に、ものすごい幸運に恵まれて、幸せの絶頂になったとしても、それは、必ず変わってしまいます。変化をどれだけ怖れても、どれだけ変化しないように頑張っても、それは必ず徒労に終わります。

すべては必ず変化していきます。そうであるならば、進んでこの変化を受け入れたほうが苦しまなくてすむのです。

変化を恐れ、変化しないようにまた、周りも変化させないように一生懸命努力したり逆らっても、結局は、何の意味も持たないばかりか、むしろ余計な苦しみを味わうことになってしまうのです。

愛の変化を楽しむ

時間と共に、あなたは老いていきます。

仮に、あなたが50代で、相手が20代だったとします。そうすると、10年経てば、あなたは、60を過ぎて老いが目立ってくるのに対して、相手、30代。女性として最も輝く年代になります。

当然二人の関係は変化していかざるをえないのです。

しかし、変化するからこそ、人生は楽しいし希望があるのです。たとえ今が、苦難の状態であっても、それは、永遠ではありません。

今、お互いに愛し合っていても、それは永遠ではありません。人の心も、世の中も、時代も、すべて変化をしていくのです。

50代の恋愛は執着を捨てる

相手の気持ちが変われば、それもまた仕方がないのです。どのみち、それは変化してしまいます。そうであれば、自らその変化することを楽しんでください。

それを無理に、執着するから苦しくなるし、みっともない姿をさらすことになります。

特に、50代を過ぎてくると、これまでの経験からくる自信なのか、相手の心変わりに対して、プライドを傷つけられ激怒する人がいます。

しかし、これは、ただの執着です。それも、相手の心に対してではなく、自分を傷つけたという怒りなのです。

50代の恋愛は「上善水如」

「君子の交わりは淡さこと水の如し、小人の交わりは甘きこと醴の如し」
「荘子」の「山木篇」にある言葉です。

荘子は、「物事をよくわきまえた人の交際は水のようだ」と述べた後に続いて「つまらぬ小人物の交際は、まるで甘酒のように甘く、ベタべタした関係であり、一時的には濃密のように見えても、長続きせず、破綻を招きやすいものだ」こう述べています。

恋愛に関しては、どうしてもこのベタベタした関係になりがちですが、それは良くないのです。50代の恋愛は、君子の交わりと同じであるべきなのです。

50代の目指すべき恋愛は、「上善水如」となるのです。

関連記事

error: Content is protected !!