7秒見つめれば女性は恋に落ちる

7秒で女性を惚れさせる方法

人は相手のことを好きになると無意識に5〜7秒間見つめている

こういったデータがあります。

このデーター、実際にはどこからのデータなのはよくわかりませんが、たしかに人は好きな相手のことを、無意識に見つめてしまう傾向があります。

7秒間見つめ合えば恋に落ちる

「なんか、あの人いいかも!」と思っうと、人は、つい見つめるという行動を取るものです。つまり、相手のことを好きであれば、誰もがつい見つめてしまうものなのです。

さて、ここから相手を惚れさせるためにはどうすれば良いのかというと、気になる相手と5〜7秒見つめ合えれば良いということです。

視線を送るということは、相手への興味を示す好意であり、相手がこれに反応して、見つめ合うということは、当然相手は自分のことも5〜7秒間見つめているということになります。

5〜7秒見つめるというのは、実際にやってみると結構長い時間に感じます。最初のうちは、相手も視線を外してしまいますが、そのうちに、視線に反応して相手からも見つめ返すようになります。

見つめ合うという行為は、恋愛において最も多くを占める行動です。 恋愛中で盛り上がっている2人は、一緒にいる時に70%以上の時間見つめ合っているというデータがあります。 これも、出どころは不明なのですが、感覚的にそうだなという感じがします。 これは、親和欲求という「相手と仲良くなりたい」という気持ちの現れといえます。 逆に考えれば、両思いになってからも見つめ合い続けることができれば、恋愛感情を高め続けていられるということです。 ちなみに、これはもちろん、一方的に見つめる場合にも当てはまります。 見つめることで、好意を伝えることになります。 「目は口ほどのものをいい」という諺がありますが、視線というのは、言葉よりも、ダイレクトに好意が伝わります。 視覚による情報が55%を占めるという有名な「メラビアンの法則」があります。 この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱った実験で、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかという割合を表したものです。 この実験結果によると、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合となっています。 この割合から「7-38-55のルール」とも言われています。 「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って別名「3Vの法則」とも言われます。 見つめ合うということは、この視覚情報を強く目に惹きつけるということです。 こうすることで、他の欠点を多少なりとも隠すことができるわけです。

見つめる行動は好意の表現

人間というのは、本能的に沈黙を嫌います。会話の中で沈黙が訪れると人はそのその空白の時間に恐怖を覚えるのです。 これは、誰でも同じで、沈黙に対して恐怖心を持つものなのです。 そしてその空白の時間を埋めようとして自ずと多弁になっていきます。そのため黙って見つめる時間を長くすればするほど相手はより多く話すことになります。 女性にとっても最も好ましい男性というのは話を聞いてくれるという男性です。 だから黙って見つめる時間を増やすだけで、勝手に女性側が多くを話すようになり、見つめながら頷いて共感してあげるだけで相手の好感度は大きく上がっていくことになります。見つめる時間を長くすれば、言葉に頼らなくなります。そして、言葉は少ない方がモテるのです。 落語や漫才などの話芸で最も重要なことは「間」です。この、「間」を作り出すのが、相手の目をじっと見つめるということなのです。 もちろん怖い顔していてはいけません優しい包み込むような笑顔でじっと見つめて頷いてあげる。たった7秒間見つめるという、この単純な行動によって、女性からの好感度は驚くほど変わってくるのです。

ここで注意をしなければいけないのが、年齢とともに実はまぶたが下がってきて、目が半分閉じたような状態になってしまっていることです。 これは意識して観察してみないとほとんど気が付かないのですが、普段私たちはつい半開きのまま目をしっかり開いていない状態にあるのです。 一度鏡をしっかり見てみて下さいそしてあなたの目がしっかりと開かれていないのであれば意識してきに目を開くように心がけてください。 「目がキラキラして素敵だった」 こうした女性からの感想というのをよく見かけますが、これは目がしっかり開かれて相手のことを見つめていたという状態なのです。 これは実は自然にできることではありません。 意識的に目を見開いて、そして相手の目をじっと見つめる。 これを7秒間。 こうすることで女性からの好感度は大きく上がり、しかも相手が錯覚を起こしてあなたに対して好意を持つことになります。 たった7秒間相手を見つけるだけで、あなたの恋愛は驚くほど変わっていきます。 是非やってみてください

沈黙を使い間を演出する

人間というのは、本能的に沈黙を嫌います。会話の中で沈黙が訪れると人はそのその空白の時間に恐怖を覚えるのです。これは、誰でも同じで、沈黙に対して恐怖心を持ちます。そしてその空白の時間を埋めようとして自ずと多弁になるのです。そのため黙って見つめる時間を長くすればするほど相手はより多く話すことになります。

女性にとっても最も好ましい男性というのは話を聞いてくれるという男性です。だから黙って見つめる時間を増やすだけで、勝手に女性側が多くを話すようになり、見つめながら頷いて共感してあげるだけで相手の好感度は大きく上がっていくことになります。

見つめる時間を長くすれば、言葉に頼らなくなります。そして、言葉は少ない方がモテるのです。

落語や漫才などの話芸で最も重要なことは「間」です。この、「間」を作り出すのが、相手の目をじっと見つめるということなのです。もちろん怖い顔していてはいけません優しい包み込むような笑顔でじっと見つめて頷いてあげる。

たった7秒間見つめるという、この単純な行動によって、女性からの好感度は驚くほど変わってくるのです。

目をしっかりと開いて見つめる

ここで注意をしなければいけないのが、年齢とともに実はまぶたが下がってきて、目が半分閉じたような状態になってしまっていることです。これは意識して観察してみないとほとんど気が付かないのですが、普段私たちはつい半開きのまま目をしっかり開いていない状態にあるのです。

一度鏡をしっかり見てみて下さいそしてあなたの目がしっかりと開かれていないのであれば意識してきに目を開くように心がけてください。

「目がキラキラして素敵だった」

こうした女性からの感想というのをよく見かけますが、これは目がしっかり開かれて相手のことを見つめていたという状態なのです。

これは実は自然にできることではありません。意識的に目を見開いて、そして相手の目をじっと見つめる。これを7秒間。

こうすることで女性からの好感度は大きく上がり、しかも相手が錯覚を起こしてあなたに対して好意を持つことになります。

たった7秒間相手を見つけるだけで、あなたの恋愛は驚くほど変わっていきます。

是非やってみてください

関連記事

error: Content is protected !!