心に残る受け答えをすれば印象に残る

50代男性が相手の心を一瞬で掴む5ステップ会話術

50代を過ぎたら、どんなイケメンであっても、老齢化が進んできて、顔にはシワが増え、お腹もたるんでしまい、もはや顔や体で勝負することはできません。

しかし、イケメンじゃなくても、オヤジであってもモテる方法があります。
それが、話し方です。

飲み会などでモテたいと思うのであれば、こうした話し方を研究して、相手に興味を持つ、相手を認める、ということを意識しながら会話をしてみることです。

50代男性が恋愛勝者になる会話術

あなたも覚えがあるかもしれませんが、いつも女性が側にいる50代の男性。
飲み会などでやたらとモテている50代の男性。
そして、すぐに相手と打ち解けて、いい感じの雰囲気になっている50代の男性。

こうした人達がいるのも事実なのです。

このように一瞬で相手の心に入り込むコミュニケーションができる50代の男性は、いわゆる相談され上手な人、つまり「聞き上手」と言われます。人の心を掴み、周囲に好かれる「聞き上手」な人は、ある一定の流れで会話を進めていることが多いのです。

なかなか大変そうに思える「聞き上手」は、決して難しいものではなく、その会話術は、「5つのステップ」を意識するだけで自然に作り出すことができます。

逆に言えば、そのポイントだけ知っておけば、今すぐ会話上手の男性になれるということです。

ここでは、この、話していて相手が気持ちいいと思える、心地がいいと思う、心を開きやすくなる5ステップ会話術の具体的なテクニックをお伝えしていきます。

Step1:「質問」する

まず、会話の最初は、自分の話ばかりをするのではなく、相手に質問をなげかけることを意識することです。
相手の女性が、どのような話をするのか、またどのような考え方をする人なのかを聞いてみて下さい。

この時に、最初からあまり根掘り葉掘り聞くと、かえって引かれてしまうので、最初は、趣味や好きなことなどを聞きながら、だんだん深く掘り下げていくことです。

Step2:「傾聴」する

次に、注意をしておくことが、質問をしたら、ちゃんと相手の話を最後まで聞くことです。
話が終わらないうちに、絶対に口を挟まないこと。

よくいるんです。

自分から質問したくせに、途中で自分の話や思ったことを、相手が話しているのを遮って意見する人。

これ、100%嫌われます。

とにかく、言葉の最後までしっかりと聞くことです。

またうなずきを大きくしたりして相手に対して「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」という姿勢をとることも忘れないようにしてください。

Step3:「共感」で心の扉を開く

次に、相手の話に自分も「共感」していることを伝えることです。

相手が話してくれたことに対して最初から相手に対して否定的な態度をとってしまうと、相手は心を閉ざしてしまいます。

たとえ、「それは違うと思う・・・」と思っても、まずは相手の話を聞いて共感をして、心の扉を開いてもらうことを目指すのです。

Step4:相手を認める「承認」

そして次は「承認」です。

ちゃんと相手を認めてあげることもとても大切なポイントになります。

この流れをできるようになれば、会話をしている相手からは「なんだか一緒にいてすごく居心地がいい人だな」「話しやすい人かも」と思ってもらえる存在になることができます。

でも、これだけではただのいい人で終わってしまう可能性もあります。相手の心をつかむために、もう一つ忘れてはいけないことがあります。

Step5:相手の魅力を見つける「発見」

相手の印象に残る人になるために必要なこと、それは「発見」です。

でも、美人の女性を見て「綺麗ですね~」と言うのは発見ではありません。知られざる相手のいいところを発見する、「発見力」が必要になります。

その人がいつも当たり前にやっていることや、自分自身も気付いていないこと、あなただけが見つけた相手の素敵なところを褒めてあげることができれば、相手は「この人はこんなふうに自分のことを思ってくれたんだ、他の人とはちょっと違うかもしれない」と相手の心に残る人になることができるのです。

女性というのは、自分の容姿の何処かに特徴を見つけて、密かに自負しているものです。だから、その自負していそうな点を発見して、そこを褒めるのです。

これは、会話の際に観察していればなんとなく感じることができます。

よくわからなければ、目とか耳とかのそれぞれのパーツを褒めてみることです。

本来、女性の美醜というものは、全体のバランスによって成り立っているので、個々のパーツに関しては、美の基準が曖昧になるので、どんなに褒めても嫌味にならないものだからです。

道化師は王子様には絶対になれない

50代の男性が女性の心を掴む会話に必要な「5つのステップ」は、「質問」「傾聴」「共感」「承認」「発見」の5つです。

コミュニケーションが上手で人の心を掴める男性は、自分から盛り上げて面白いことを話しているわけではありません。道化師は、面白がられて楽しんでもらえますが、王子様には絶対になれないのです。

相手から信頼される、心に残る受け答えをしているからこそ印象に残るのです。

飲み会などでモテたいと思うのであれば、会話上手を目指すのではなく、この5つのステップを参考にして、話を聞いて相手に興味を持つ、相手を認める、ということを意識しながら会話をしてみることです。

その瞬間に、あなたは相手の心を掴んでいることに気づくようになるのです。

【参考記事】:

関連記事

error: Content is protected !!