出会いの絶対数が多いことが正義

50を過ぎたオジサンが20代女子と恋愛する方法

大半の20代女子から見れば、50代を過ぎたオジサンは恋愛対象外です。
これ、どう考えても当たり前の話です。

例えば、社内の20代女子と恋愛しようとしても、大抵はなかなか相手にしてもらえないし、そもそも、セクハラなどと騒がれて難しいものです。

そこで、20代女子と恋愛がしたい50代を過ぎたオジサンは、偏見を捨て、「マッチングアプリ」にトライしてみることを強くオススメします。

マッチングアプリに溢れる20代女子

では、どうすれば50代を過ぎたオジサンでも20代女子と恋愛ができるのでしょう?
その確実な方法をお伝えしますね。

もちろん、社内の20代女子と恋愛できるならそれにこしたことはありませんし、合コンや婚活パーティーで知り合った20代女子と恋愛に発展するなら、それにこしたことはありません。

しかし、現実はそんなに甘くありません。
現実問題として、50代を過ぎたオジサンが20代女子との恋愛するなど、なかなか難しいというのほうが多いはずです。

かくいう私も50代を過ぎたオジサンです。
ですが、20代女子とそこそこの恋愛をしています。

では、どうすれば50代を過ぎたオジサンでも20代女子と恋愛ができるのでしょうか?
それは「マッチングアプリ」を活用することです。

マッチングアプリは受け入れられた

この時点で「なんだ『出会い系サイト』の宣伝か」と思ったあなた、情報が平成前期で止まってしまっている証拠です。

そして、「マッチングアプリ」を使ったことのない証拠とも言えます。

すでに「マッチングアプリ」を活用したことがある人は、昔の「出会い系サイト」との明らかな違いに気づいているはずです。

確かに、「マッチングアプリ」は、大枠の仕組み自体はかつての「出会い系サイト」とほとんど変わりません。
昔は出会い系サイトと呼ばれたところも、今は、「マッチングアプリ」と称しています。

今も昔も、見知らぬ男女がネットを介して出会うというツールです。

では、何が違うのかですが、それは、使う側のイメージです。
一言で言うと、今は、クリーンなイメージなのです。

そしてそのクリーンなイメージにより、今の若者たちにはほぼ抵抗感なく出会いのツールとして浸透しているということです。

だから、今の「マッチングアプリ」には普通の恋愛をしたいという、かわいい女子たちが出会いを求めて集っているということです。

アプリは出会える絶対数が多い

普通の20代女子がたくさんいることは、もうおわかりいただけたと思いますが、そもそも50代を過ぎたオジサンなど、ほとんどの20代女子の恋愛対象にならないだろうと思うかもしれません。

確かに、50代を過ぎたオジサンを恋愛対象としてくれる20代女子はそれほど多くありません。
20代後半女子ならまだしも、20代前半女子から恋愛対象と見てもらえる確率は、壊滅的に低いと考えていいでしょう。

仮に「20代女子の10人に1人が50代を過ぎたオジサンを恋愛対象にできる」

と仮定して話を進めてみます。

社内の同じ部署に20代女子が5人いたとしても50代を過ぎたオジサンを恋愛対象として見てくれるのは、0人です。

でも「マッチングアプリ」には万単位の人数の20代女子がいます。
もちろん、その全員と繋がれるわけはありません。

しかし、仮に、500人の20代女子に「いいね」をしたら、そのうちの50人は50代を過ぎたオジサンを恋愛対象にしてくれることにもなるわけです。

50を過ぎたオジサンでも恋愛対象

当然、50代を過ぎたオジサンを恋愛対象としてくれる20代女子100人に「いいね」したからって、そのうちの誰かと必ずうまくいくという保証はありません。

しかし、同じ部署にほとんどいない相手を必死に探してアプローチするよりも、100人の相手に同時進行でアプローチしてけば、可能性が飛躍的に高まるのです。

とにかく出会える絶対数が多いというのは、圧倒的な正義なのです。

しかも、社内の20代女子たちは恋愛目的で会社に来ているわけではありませんが、「マッチングアプリ」の20代女子は恋愛したいから利用しています。

この時点で、可能性が全く違うことに気づいてください。

ですから、20代女子と恋愛がしたい50代を過ぎたオジサンは、偏見を捨て、「マッチングアプリ」にトライしてみることを強くオススメします。

関連記事

error: Content is protected !!